NEVER ENOUGH vol.1 GALLERY&REPORT 優秀バンド発表!

5/19(金)に東京・下北沢Daisy Barにてオーディションライブ「NEVER ENOUGH vol.1」が開催された。

この日は、そのオーディションライブの第一回目となり、応募総数約70組の中から選ばれた4組が熱演を繰り広げた。

<出演バンド>
KOTORI・モノクローグ・アマアシ・ハルヲオモウ・梨帆


1組目は、19歳シンガーソングライターの梨帆。この日はキーボードをサポートに迎えて5曲を披露。可愛らしく、時に荒々しい歌声と力強い演奏が印象的で、リアルな歌詞で聴き手の心を惹き付けた。

 

2組目は埼玉越谷市のハルヲオモウ。「オーディションイベントは人生で初めてですが、気張らずに僕ららしくやります」と「カシスソーダ」や、「エピローグ」などバラード曲、ミドル曲を織り交ぜた5曲を披露し、終始会場をあたたかい雰囲気で包んだ。

 

「アマアシ始めます!」の一言からスタートさせた4ピースバンド・アマアシ。抜けのよいヴォーカルが印象的で、一曲目から手拍子を煽り彼らのテンポ感へと会場を惹き込んだ。心地の良いサウンドで世界観をしっかり届け、「またどこかで会いましょう!」とPOPで爽やかな楽曲「冒険ごっこ」で締めくくった。

 

次に登場したのは2016年結成のモノクローグ。結成1年とは思えない完成度の高い演奏が印象的。「「今日のイベントのタイトル「NEVER ENOUGH」は『十分じゃねーだろう』というメッセージだと思っていて、本当に僕たちは今そういう気持ちでやっていて、下北の地下で終わりたくない。そういう気持ちで活動しています」というタケモトアツキ(Vo,Gt)の言葉が貪欲さを一層感じさせた。

 

そしてトリに、この日のゲストバンドとして招かれたKOTORIが登場。精力的に活動を重ねサウンドチェックからそのまま一曲目「4号線」でライブを始めたKOTORI。「ついに僕たちもゲストとして呼ばれるようになりました」と横山(Vo.Gt)が照れたように笑い、「でもゲストなんておこがましいのでしっかり演っていきます」と6/7にリリースするアルバム「kike」から渾身の新曲も織り交ぜ、圧巻のステージを魅せた。

 


そしてこの日の優秀バンドは厳選なる審査をし、『アマアシ』に決定いたしました!
アマアシのみなさんおめでとうございます!

photo by Kohey Suzuki

INSTAGRAM

ページ上部へ戻る