NEVER ENOUGH vol.8 REPORT 優秀バンド発表!

12/15(金)、2017年最後のNEVER ENOUGH、『NEVER ENOUGH vol.7』が開催された。

Canary in the coal mine、Loulou & the titi、メガホンズ、Loafer、スラマットパギーの5組が熱演を繰り広げた。

<出演者>
Canary in the coal mineLoulou & the titiメガホンズLoaferスラマットパギー

————————————————–

今回のトップバッターは、Canary in the coal mine。

Vo&GtフルゾノシュンペイとDr&Synthヨコバタケリョウの二人から成る2ピースロックバンド。

SEに合わせて音をかき鳴らし、Vo&Gtフルゾノのカウントでライブをスタート。
ガレージや、ロック、ブルースなどを感じさせ、2ピースとは思わせない厚みのある音で、セッションを見ているかのような感覚にもなる。”音”を楽しみながら演奏する姿が印象的だった。

[ セットリスト ]
1. the wall
2. tame
3. Camellia
4. shout
5. Helter skelter

 

続いては、大阪からLoulou & the titiが登場。

「Loulou & the titi始めます」の一言からライブをスタートさせた。爽やかで軽快なギターロック。

独特なVo.の歌声、ゆるくもあり、心地の良い音。
MCでは大阪らしい自然と笑いをとる一面もあった。

曲名も独特なものが多く、”気になる”という気持ちにさせられる。

[ セットリスト ]
1. フェスティバル
2. トマティーナ
3. モボモガ
4. teen
5. 秘密基地
6. はばたいている女
7. ピョンピョンはねる子

 

3組目は3ピースバンドのメガホンズ。
しかし、転換中、バンドセットが組まれていくのではなく、セッティングされたのは、ボーカルマイクに低めのチェアー。

この日メガホンズは急遽メンバーの体調不良によりバンドでの出演ができなくなってしまったため、Vo.長谷川泰平の弾き語りに変わった。

長谷川本人も会場に向かっている最中にメンバーの体調不良を知ったとMCで話し、こんな展開になったことに一番驚いているのは長谷川だろう。

しかし、弾き語りを見れたことで彼のキャラクター、真面目さ、場数を踏んできたからこその対応力、何よりハスキーで太い彼の声の素晴らしさを感じることができた。

今度は、メガホンズの長谷川が見たい!と素直に感じた。

 

 

続いて登場したのは、埼玉・北浦和を中心に活動する歌もの4ピースバンドLoafer。ポップなメロディで入りやすい。

「聞いてほしい曲がたくさんあるんです。いい曲がたくさんあるんです。ぜひ最後まで期待してください!」と気合いをストレートな言葉で伝え、全6曲を熱演した。

[ セットリスト ]
1. 埼玉
2. 丘の上にて誰を愛す
3. 孤軍奮闘
4. 愛
5. AWAY
6. 優しい声

 

そしてNEVER ENOUGH vol.8を締めくくる最後のバンドは、スラマットパギー。

「歌って踊れるシュールロック」をキャッチレフーズに、「みんなを楽しませる音楽」をモットーに下北沢・渋谷を中心に活動する。

とにかく派手で、「パリピ1体と3人でお届けします!」と自ら紹介し、年末感を感じられる雰囲気でイベントを締めくくってくれた。

[ セットリスト ]
1. Cosmic Sence
2. Yellow Splash!!
3. 星屑みたいな夢
4. Highteen Girl
5. WAKUWAKU BOX

 

 



そして今回の優秀バンドは、惜しくもバンドでの出場はできなかったが、急なアコースティック編成でもしっかり届けてくれた『メガホンズ(長谷川泰平さん)』を選出させていただきました!

是非今後はメガホンズで出演してもらいたい。

 

 

————————————

次回開催は、2018年2月23日(金)。

『NEVER ENOUGH vol.9』
開催情報は追ってアナウンスされるので、HPやTwitterをチェックしてほしい。

http://never-enough.jp
https://twitter.com/NEVERENOUGH0401

INSTAGRAM

ページ上部へ戻る